コンテンツ2

大切なこと

緊急なご連絡はメールか、フェイスブックページで

屋久島は とにかくすぐに停電します
今回の台風11号による停電時間は、
屋久島ヴィータキッチンのある麦生では 22時間でした

IMG_3170.jpg

 

停電すると、営業ができないばかりか
電話が通じなくなります

ご予約、又は、交通状況が運休になり行けなくなりました
など、お客様からお電話を頂いても、
話し中のようなコールにしかならず、イライラさせてしまいます

最終手段として、メールが確認できるよう、
スマートホンの電源は確保してありますので
お電話が繋がらない時は、ホームページの問合せフォー
フェイスブックページのメッセージでご連絡を下さい

今年は台風の当たり年のようです

近くにある、大きなガジュマルの樹が倒れたのも
長時間停電の原因かもしれません

停電も日ごろ使わない脳を使ういい脳トレになるんですけどね!

 

野菜レストランぽい季節になってきましたよ!

生で食べられる赤いオクラと四角豆

 

okura&sikakumame.jpg

 

実は・・・
屋久島ヴィータキッチンの一番のセールスポイントは、新鮮な野菜なんですね~

今朝の野菜のバケツには
ほら!  こんな野菜たち
これは、どちらもサラダで、生で召し上がって頂きます

当店では、お越しいただいたほとんど全員の方に
"屋久島野菜の朝採れサラダ"を召し上がって頂きます
この季節のサラダは、
一般的なサラダに入っている、トマトやレタスやキャベツなんて
ほとんど入りません

冬瓜とか、ゴーヤとかモロヘイヤそしてオクラや四角豆

「この野菜なんですか?」という質問に、ひとりホール担当者は大忙しです

珍しい野菜は、パネルで写真を飾ったり
中央のテーブルに現物を飾ってあったり します

この野菜たちを入手する為に、ひとり料理担当者は、
いろんな農家のおじさまおばさまと、コミュニケーションをとり
時間を見つけては畑を訪ねたりしております

なので、うちの店では、
野菜を残す人は、"白い目"で見る事にしています
というのは、ちょっと冗談ですが

そのくらい心血注いでいるので、美味しい自信があります

サラダ目当ての島外からのお客様もたくさんいらっしゃるのですよ!(ちょっと自慢)

ということで、車海老も、黒豚も人気ですが
屋久島野菜が、影の立役者になっていると言う事をアピールしてみました

 

準備中は 営業中ではありません

当たり前のタイトルですが
お客様へご理解いただきたいと切に願います

ビックリされるかもしれませんが、
ドアの前に、「準備中」というボードを出し、店内の照明が明るくなっていなくても
フツーに入店される方が、沢山いらっしゃいます
準備中のボードは、イーゼルに立て、扉を開けるには邪魔な場所に
位置しておりますが、それでも、
「いいですか?」と入ってこられます

答えは
「開店までお待ちください」
どんな場合も基本姿勢は変わりません

ランチタイムは11:30~
ディナータイムは18:00~
カフェタイムは、ランチタイムから閉まらずの流れです

なぜなら、オンタイムに、お客様をきちんとお迎えする為の準備を、
分刻み、いいえ、秒刻みでおこなっているからです

ちょっと自分に置き換えてみて下さい

デートの約束があります
11:30に彼が家まで迎えに来るとします
その場合、11:20頃は、最終チェック中です
完璧と思ったら、ストッキングが伝線していて、あわてて履き替えているかも
しれません
ひょっとしたら、準備万端だから「少し早くきてくれてもいいのに!」と
余裕かもしれません
でも、彼女の様子は、彼にはわかりません

そんなとき、迎えに行ったあなたはどうしますか?

①約束の時間より早くても、扉をノックする
②時間ぴったりにノックする
③準備が整った彼女が、出て来るまで外で待つ

紳士淑女の皆様なら、もうおわかりですよね

お店もそれと同じなんです

少なくとも、屋久島ヴィータキッチンは、
毎日、
初めてのデートを、完璧にするための準備をして
営業時間を迎える努力をいたしております

準備が整うまで、待ってくださっているお客様の気配は、ちゃんと感じております

おこがましいようですが、

お店にもお客様をお迎えするマナーがあるように
お客様にも、マナーはあると思います

そんなことを大事にしてゆきたいと思っております

鶴.gif

㊟ 中には、フレンドリーなスタイルのお店もおありでしょうから
これはあくまでも、
「機織り中の姿を決して見せない、鶴」を目指す
屋久島ヴィータキッチンのお話です

 

 

人間もパーツの取り換えができればいいですね

屋久島ヴィータキッチンでは、かなりハードに働いてくれる、
よきパートナーのブレンダー
正式名称は、オスターライザークラシックブレンダー

osuta1.jpg


10年以上も使用していて、同じ型の商品はもうつくられておりません

朝のスタートは、私のバナナジュース
そして、皆様が召し上がるサラダのドレッシング
またまた、スープやソースの下準備

とても忙しく働いてくれるブレンダーさんの、働きが少々鈍くなってきました
点検すると、肝心の部分のギザギザが、ほとんどなくなって丸くなっておりました

osuta.jpg

 

そのせいで、大きな音をたてて抗議されておりました

本日、無事に新しい部品が届き、また素晴らしい働き者に復帰して下さいました

ガラスの部分や、シルバーの丸み、アンティークな感じがとても気に入っております
できるだけ長く、一緒にお仕事して頂きたいなあと、
しみじみお掃除をさせていただきました

 

 

 

 

ぴよぴよちゃんとご対面

piyo1.jpgpiyo2.jpgpiyo3.jpg

 

半年後には、ヴィータキッチンの美味しいたまごを産んでくれる、ひよこちゃん達です。ふ化して24時間位です。飛行機に乗ってやってきました

小さなダンボールの中に、100羽以上もはいっています
たまごの松田さんが、空港まで迎えに行った帰りに、店に来て下さいました

へびが冬眠している時期でなければ、狙われてしまいます 強く育てるために、最初は玄米を食べさせるんだそうです
みんな元気に育ってね! 今度はもう少し大きくなった頃、農園に逢いにゆきますね

入学のお祝いにディナー券

高校進学祝いの品にと、屋久島ヴィータのディナー券をご要望頂きました

新たな門出に、ふさわしいお食事を御用意させて頂きます

おめでとうございます

食事券.jpg

食事券中.jpg
素敵なレディ(高校生)になって下さい

ラストしょうが

 

20110122 syouga.jpg

両手いっぱいぐらいの、しょうがのかたまり

夏から秋にかけて、そのまま生で食べられていたしょうが

サラダに薄くスライスしてお出ししておりましたが、辛いけど、身体がかーっとなり

元気が出ました

きっと、次を種付けする為に、根こそぎ掘られたのでしょう

最後のしょうがです

ちょっと生で頂くには繊維が堅いので、おろし生姜にして冷凍保存と

シロップを作りましょう

まだまだ寒さが続くので、しょうが湯や、ジンジャーエールの素としてきっと最後まで活躍してくれることでしょう

風邪ひきさんのお客様には、ホットジンジャーお出ししますよ!

 

あますとこなく!

 
保存食1.jpg

沢山あるときに少しずつドライハーブを作ります

チャービル・イタリアンパセリ・バジル

バジルはもう最後のバジルです

保存食2.jpg

まずはチャービル

葉っぱだけをちぎります

茎は、冷凍保存で、スープをとるときに使います

癖のある香りは、好きな方にはたまりませんね!

ペーパーを敷いて広げ、電子レンジで2分

保存食3.jpg あっという間に、しわしわにちじんでしまいます
保存食4.jpg

ビニール袋に入れて、ぐちゃぐちゃにもみます

この時の感覚はしゃかしゃかしていて好きです

保存食5.jpg

細かいドライハーブが出来上がりました

他のハーブも同じように!

レンジの時間が長すぎると、火事になりますので注意してね

 

保存食6.jpg

瓶に詰めて出番を待って頂きましょう

沢山のフレッシュハーブが、ドライになると、ほんのわずかな量ですが

出来たては、色も香りもとても奇麗で、買ったものとは比べ物になりません

屋久島の大地の恵みを、あますとこなく、頂きたいですね

 

ウエディングパーティー

  8月21日は、ヴィータにとっても記念すべき一日となりました

 nakasima.jpg

屋久島に、またひと組の可愛らしい御夫婦が誕生しました

お二人は、ヴィータで何度もデートされ、ついにゴールイン!

masyumasyu.jpg

嬉しい事に、結婚式の二次会をしたいとお申し出くださいました

感謝の気持ちとささやかなプレゼントに

小さなハートのマシュマロを沢山つくって皆様にお持帰り頂きました

「幸せのおすそわけ」

IMG_0666.jpg

そして、私達にも、感謝のおすそ分け頂きました

末永くお幸せに!

 

2009年の感謝

2009年は私たちにとって大きな導きと大きな別れがありました。

導きは紆余曲折ありながらも現在の麦生のお店を快くお貸し下さり

屋久島ヴィータを開店出来たことです。

私たちには身に余る立派な店舗をお預け下さり感謝でいっぱいです。

別れは愛犬エヴァを天国へ送ったこと。

約1年半前勤め先の倒産と言う大きな転機がありました。

その際、屋久島を離れる事も考えましたが出来る事ならエヴァが最後まで

大好きな泳ぎが出来る環境で暮らしたいと思い屋久島に残る選択をしました。

5月の9日に死にましたがその二日前の7日には春田浜で水遊びが出来ました。

そんな状態で天国へ導いて下さった神様へ感謝でいっぱいです。

そして何よりも開店以来、沢山のお客様に来店頂き、支えて頂けましたこと心より感謝いたします。

そして、そして、多くの野菜を作ってくださっている生産者の方、漁師さん、畜産家の方、納入業者の方、新聞配達の方、

書ききれませんがヴィータを支えてくださっているすべての方、おかげさまで大晦日までこうして商売させていただきました

感謝です。

世界中の全ての方に善き年が訪れますよう心よりお祈りいたします。

明日もやってるよ!!