コンテンツ2

イベント

美味しい事にはかわりありません

先日あるラジオ番組での話です。
スペシャルウイークのプレゼントに「ドゥワイアンヌ・デュ・コミス」
という、洋梨をプレゼント
応募の資格は、アナウンサーの安住紳一郎氏が発音したとおりに文字起しをし、
正解の中から抽選ということで、誤解答率が30%もあったということなんです
そもそも、イタリア語やフランス語を日本のカタカナに変換する事自体無理があるわけです
でも、私もむきになってやってみました
フランス語もイタリア語もできないけど、フランスのワインやチーズは死ぬほどラベルを読み
山のように食べたり飲んだりしたのだから、こんなのヘッチャラさー
と・・・

「ドゥワイアンヌ・ドュ・コミス」

ビミョーに間違えました
"ドュ"ではなく"デュ"
とほほ・・・チーズフォンデュの"デュ"ではありませんか!

日頃 パソコンでフツーに入力しているのに
手書きではこんなものですね

南日本新聞の集金の領収書の宛名は、4年も経ったいまでも「屋久島ビート様」となっております
ヴィータの"ビ"はまだわかるけどね!

さあ、今年も「チーズフォンデー」はじまります

 

鏡開き

 IMG_0220.jpg

二日遅れて鏡開きというか、ぜんざいを頂きました

毎年悩みますが、11日にお飾り餅をたべるのか

11日の夜まで置いたものを12日に食べるのか?

悩んだ挙句、13日に食べました

IMG_0252.jpg

最近は大変便利になっていて、飾り餅の中に、子餅が袋入りで詰まっているんですよね!

こんなに賢いこと誰が考えたんだろうと毎年同じことを思います

そして、このところの運動量と食事量のバランスが悪いので

今日のお昼はぜんざいだけにしてみました

(これがバランスをとる行為かどうかハテナです)

 

ちなみにしめかざりは

伊勢の職人さんによる手作りの本物「お伊勢さんのしめ縄」を取り寄せました

「笑門」という木札が下がっています

伊勢地方では1年中、この注連縄(しめ縄)を玄関に飾り一族の「笑門」を招いているとのことなので

もうしばらくそのままでいようと思います

ずいぶん以前に東京のお店で見つけ、数年間飾っておりましたが

こんな時代でも、VITAはいつも笑いが絶えないように・・・

と思いだして注文いたしました

「笑門」・・・ 皆様に福を届けていただけるように

 

 

キラキラ★ピカピカ

 

Xmas.jpg

遅ればせながら

 

 

クリスマスの飾り付けできました

あまりいろんな色を入れたくないのでシンプルにshine

店内の音楽もクリスマスソングnote

これで気分はクリスマス・・・でもあったかいね!