コンテンツ2

2009年10月

2009年10月の記事一覧です。

パンが到着しました

 ヴィータのパンは鹿児島の牧園というところから届きます

kurumipan2.jpghatugagenmai2.jpg

PANYAくらぶのかおりさんとは鹿児島時代からの長いお付き合い

 

ちょっと特殊なお料理教室で、特殊な人間だけがあつまるクラスで御一緒しました

特殊な人間?とは

ぱん職人・ケーキ職人・カフェ職人・コーヒー職人・チーズ職人・・・

と、職人だらけのプロ集団。

それぞれ主張が激しい人間のあつまりで、料理をしワインを飲む

そんな、とっても楽しい時間を共有しておりました

大変こだわりのあるパンを作ってる方なのです

恐ろしく高い卵や、バター、お塩、水、砂糖と素材もすべてにこだわりぬいてます

そして私はといえば、そのこだわりのパンヤさんに

あんなパンを、こんな大きさで作って!と気軽に無理をお願いしております

現在かおりさんのパンは、ランチの「屋久島ディッシュ」でパンセレクトの場合と

ディナーでお出ししております

もうひとつの写真の発芽玄米食パンは、私達のプライベート用です

これがまたすっごくおいしんですよね~

 

キッシュ焼けました

本日は、かぼちゃとベーコンとチーズ玉ねぎのキッシュ。

焼き上がり、オーブンから出すとき、必ず「おいしそー~」と自画自賛してしまいます

カフェタイムで召し上がっていただけますよ!

今かぼちゃが美味しい季節。

ヴィータのすぐ近くの仙田さんが、”ながさきかぼちゃ”という甘いかぼちゃを

作ってくださってます。

又の名をひょうたんまぼちゃ!ひょうたんをさらに長くした形

ながさきかぼちゃのシーズン、ディナーコースの前菜にもお出しする予定です

Quiche.jpg

 

はじめまして

ホームページへのご訪問ありがとうございます。

ヴィータは世界遺産の島、屋久島の麦生(むぎお)にある、夫婦二人で営む小さな食堂でございます。

店名の「ヴィータ」はイタリア語で「生活」、「暮らし」等を意味します。

人それぞれ、暮らしぶりは様々でございますが、どうしても切り離せない事が「衣・食・住」です。

そんな暮らし中の『食べる・飲む』事に微力ながらも、何かお役に立てないものかと日々努めております。

私もこちらで生活するまで知らなかったことですが、屋久島にはコンビニもファミレスも

ファーストフードも丼物のチェーンも何一つありません。良し悪しは別として、

そんな不便な環境のなかで、毎日の生活、あるいは観光旅行の行程を過ごす事となります。

そこで私達は、屋久島ヴィータのミッションを『屋久島での口福な暮らしと滞在のお手伝い。』と致しました。

屋久島を一周される場合、必ずヴィータの横を通られるはずです。白い壁に黄色いテントの判りやすい建物です。

ランチ・カフェ・ディナーと通して営業させていただいております。

何かお手伝い出来る事がございましたら是非ともお立ち寄り下さい。

スタッフ二名、心よりお待ち致しております。